祝!サイバー通信講座開講キャンペーン実施中! ~2021年7月12日まで

安くてしっかり合格できる
2級建築士製図講座
無料で知ってもらえませんか?

資料請求へ

後半戦本格始動↓ 2021年8月15日(日曜)から5回の講義
添削あり89,000円 / 添削なし70,000円
Zoom自宅受講(生配信+録画動画)で模擬試験2回を含む7課題の練習

後半戦申込み

令和2年2級建築士 製図課題 歯科診療所併用住宅

【要求図書】
・1階平面図兼配置図[縮尺1/100]
・各階平面図[縮尺1/100]
 ※各階平面図については試験問題中に示す設計条件等において指定します
・立面図[縮尺1/100]
・断面図[縮尺1/100]
・部分詳細図(断面)[縮尺1/20]
・面積表
・計画の要点等
(注1)答案用紙には、1目盛が5ミリメートル(部分詳細図(断面)については10ミリメートル)の方眼が与えられている
(注2)建築基準法令に適合した建築物の計画(建蔽率、容積率、高さの制限、延焼のおそれのある部分、防火区画 等)とする

【注意事項】
試験問題を十分に読んだうえで「設計製図の試験」に臨むようにしてください。
なお、設計与条件に対して解答内容が不十分な場合には、「設計条件・要求図書に対する重大な不適合」と判断されます。

【当学院考察】
RC造の年は比較的作図が簡単となりますが、例年と比べて作図量は同じですが、覚えるべき項目が2倍になりました。それは「2階建て」と「3階建て」に対応する知識(特に防火区画と高さ制限)が必要となるからです。2級建築士の設計ができるRC造は、延べ面積300㎡、高さ13m、軒高9mまでとなりますので、出題もギリギリ上限に近い建物を要求してくることが想定できます。→さらに詳しい対策ポイントはこちら


悩む女性

 

「製図経験がないけど、ついていけるかな...」

「どこの講座も高額で安い講座はないのかな...」

格安でもしっかり合格できる講座がいい!」

「資格は欲しいけど忙しくて...通学は難しい」

「自分の都合のいい時間に講義を受けたい!」

 

受講生

わたしたち安いのに しっかり合格できました!

  →合格者のアンケートはこちら

 

手描の作図経験がなくても、しっかり合格!

横線

 ご安心ください。線の意味、描く順序、濃淡の表現の仕方、定規の使い方などの基本から丁寧に解説があります。 実務ではCAD図面の線が0.1mmズレただけで使いものになりません。 では手書きでは?手書きの図面は目分量でよいのです。大きくスケールアウトしなければ 問題ありません。合格するために一番大事な作図スピードUPの秘密は目分量にあります。まずは 線の描き方、表現方法を集中ゼミでご覧ください。



通学コース 20名限定18名の少人数制で、しっかり指導!
サイバー通信添削コース ネットで、しっかり添削返却!

赤ぺん

 通学コース(名古屋会場のみ)は、20名限定の少人数制です。 受講生ひとりひとりに丁寧に面談し、皆さんの図面をしっかり赤ペンチェック。理解の最短距離を進んで効率よく勉強できます。 ※本年コロナ対策として18名に縮小し、距離をとっての着席です。 参考の座席表はこちら
 サイバー通信コースでは、日曜通学コースの講義をZoomで生配信。後日も動画で閲覧できます。製図講座は一部だけしか配信しない学院もありますが、当学院は講師がお伝えする内容はすべて見ることが可能です。さらに添削図面は、氏名を伏せて掲載し、他の人の図面も参考にできて自分の思いつかないことまで発見できます。
実際の添削図面はこちら
サイバー通信詳細はこちら


実績による自信のカリキュラムで、しっかり理解!

講義マイク

 合格実績15年目となります。 LIVE講義だからこそ生まれる緊張感は、集中力を一層高め、理解や進歩を早めます。 全10回の講義は合格まで最短距離です。講義終了後20:00まで居残り練習もOKです。製図はスポーツです。本を読むだけではサッカーのシュートは上手くなりません。製図も練習し良いコーチが必要です。LIVE講義にこだわる当学院が合格を強力にサポートします。サイバー通信コースも通学と全く同じ講義をZOOM生配信と動画にて閲覧できます。
効率のよい勉強方法の参考は「合格の鉄則」をご覧ください
また、当学院の講義資料 サンプル資料ダウンロードもご覧ください

 

今までの合格実績(%)

R01年 81.25%
H30年 100.00%
H27年 88.89%
H26年 100.00%
H25年 100.00%
H24年 90.89%
H22年 93.75%
H20年 88.88%
H19年 100.00%

無遅刻・無欠席・宿題100%提出の条件クリアしていない不合格者は数に入れていません。ただし、H26年は、遅刻や欠席をした人も含め全員合格の100%でした。記載がない年度は概ね75%前後となります。昨年のR02年は休校でした。

 

期間限定の割引

割引詳細
  ※期限による割引サービスの他にブログによる割引もございます
  →各種割引の詳細はこちら

 

入会金0円 追加費用0円!

●通学コース【全10回】通常189,800円
 7/12まで→179,800円 WEB割引適用
 7/13以降→184,800円 友人MY割適用対応者
 規定のブログをお持ちの方で記事掲載にてさらに4000円引あり


●サイバー通信添削コース【全10回】通常164,800円
 7/12まで→159,800円 WEB割引適用
 7/13以降→164,800円 通常価格
 規定のブログをお持ちの方で記事掲載にてさらに4000円引あり

 サイバー通信添削コース【前半のみ5回】
  期間限定割引なし→89,000円 通常価格


 サイバー通信添削コース【後半のみ5回】
  期間限定割引なし→89,000円 通常価格
  ※前半を受講した後→80,000円


●サイバー通信コース【添削なし10回】
  期間限定割引なし→138,000円 通常価格


 サイバー通信コース【添削なし前半のみ5回】
  期間限定割引なし→70,000円 通常価格


 サイバー通信コース【添削なし後半のみ5回】
  期間限定割引なし→70,000円 通常価格

 ※日付はすべて2021年です
 ※価格はすべて税込み表示です(振込手数料はご負担ください)

 

利用して合格した受講生さんに聞いてみました

合格者1

質問がしやすい雰囲気です

 少人数制なので1人1人に時間をさいて、課題や模試の返却があり、わたしの図面にあわせた注意点や確認事項の説明してくれます。講師さんから聞いてくれるのでとっても質問しやすかったです。 最後の総合復習の冊子は直前に多くの資料を見ると混乱しちゃうので助かりました。

 

合格者2

合格図面の描き方を実感

 試験の前々日(金曜)の最終講義でやった竪穴区画と省エネについてが、本試験でズバリ的中でビックリしました! 学院では新傾向の出題で驚かないよう注意されていたのですが、的中して逆のいい意味のビックリでした。他の受講生とも話す機会があり「やる気」が維持できました。

 

合格者3

作図スピードUPが一番大切

 過去の本試験からの根拠ある説明が、合格する自分をイメージさせてくれました。試験時間内に作図を完了するだけではなく、エスキスの完成、ミスチェックなどが欠かせませんので、より合格するためには作図スピードUPが一番大事だと感じました。そのためたくさん枚数を描いて速さをマスターするよう努力しました。

 

合格者4

ほめて伸ばすタイプの講師さんです

 仕事が忙しかったので宿題は大変でしたが、2ヶ月間だけと踏ん張りました。威張ったところがない講師さんで、皆さんを褒めるのが聞こえました。図面のアドバイスが具体的で分かりやすく、模試の添削が真っ赤でこれはまずいと一層モチベーションを上げることができ、合格につながりました。

 

 

通学コース申込み手順

手続き

 

サイバー通信コース申込み手順

通信コース手続き

 

 

 

受講生

 

 

初回無料講座へ

各種コースへのお申込みは
こちらをクリック下さい